胸のイボが痒い原因は皮膚の乾燥

 

ふと気づいたら胸にぽつぽつとイボができていたなんてことはありませんか?
これは角質粒と呼ばれる症状なのですが、肌の衰えが関係をしています。

 

胸にできたイボが痒いのをどうにかしたい・・・
イボが気持ち悪いから取りたい・・・・

 

など、こういった悩みをかかえている女性は多いです。

 

このサイトでは痒みを抑えるケアだけではなく、治し方まで解説したいと思います。
まずは取りたいのであれば、原因を知る事がとても大切です。

 

原因を取り除きながらケアをしていくことが、かゆみの改善だけではんく治す方法にもつながっていきます。
胸のイボを取りたい人やかゆみを抑えたいって人はこのまま解決をすることができるようになっています。

 

胸イボがかゆい原因は乾燥!ターンオーバーとバリア機能の低下

乾燥した景色

 

胸イボが痒く感じる原因は肌の乾燥になります。

 

肌が乾燥することでターンオーバーの低下につながり、角質を排出する周期が遅れるようになります。
新しい皮膚の生まれ変わりが遅れ、肌に残った角質が固まってイボが出来る原因になるのですね。

 

また、肌が乾燥するとカサカサし、バリア機能の働きが低下をします。
だから、少しの刺激が肌へのダメージになり、皮膚が傷つきやすくなります。

 

そのため、傷ついた皮膚が裂けたりなどの刺激によって、痒みを感じる原因となっているのですね。
胸にイボができるとそれが原因で痒いと感じますが、それは間違いです。

 

肌が乾燥をしているからかゆみが発症をしているのですね。
イボは角質が固まって出来上がっているものなので、かゆみを感じさせるようなことはないのですね。

 

胸イボの痒みを止める方法!かゆみを抑えるケア

イボ用のクリーム

 

胸へ刺激を与えてしまうとイボが発生をする原因になります。
そのため、まずはかゆみを抑えることが大事となります。

 

痒みを抑えるケアには大きく分けて3つの方法があります。

 

  • クリーム等を塗る
  • 肌への摩擦をさける
  • 生活習慣を見直す

 

イボを取る為のクリームには肌の乾燥を防ぐための保湿成分が含まれています。
そのため、痒みを抑えるケアにもつながります。

 

肌に保湿を与え乾燥から守ることで、外からの刺激を防ぐことができます。
そのため、肌がかゆいと感じるのを抑えることができるようになるのですね。

 

イボ取りクリームを使ってケア!かゆみだけでなく除去することができる

 

胸イボがかゆいのであればイボ取りクリームを使ってケアをするようにしましょう。

 

かゆみを抑えるのに大事なのは保湿をしてバリア機能を高めること。そして胸イボを取る為の基本は保湿をしてターンオーバーを正常にすることです。

 

その上で保湿化粧品とは違い、保水力が高く代謝を高めるヨクイニンなどの成分が含まれているのがイボ取りクリームです。

 

通常のイボケアをすることでかゆみ対策と取る為の対策の両方を同時に行うことができるのですね。
イボ取りクリームについては下記のサイトが詳しく解説をしていたのでそちらをご覧ください。

 

首や脇のスキンタッグを自分で治療する方法!スキンタッグとさよなら

 

原因を解消する為に生活習慣や肌への刺激を防ぐ

 

肌の摩擦などによる刺激は乾燥をした状態だとかゆみの原因となります。
そのため、身体を締め付ける服装はできるだけ止めた方が良いです。

 

刺激を与えない事で肌の負担がなくなり痒みを感じることも減ります。

 

肌の働きは生活習慣に大きく関係をしています。
その中で特にかかわってくるのがストレスです。

 

ストレスをかかえることで血流の流れが悪くなるなど、代謝の低下によって肌の働きの低下にもつながります。
また、食事をバランスよく摂取することも同じことが言えます。

 

そのため、暴飲暴食をさけストレスなどの生活習慣を改善することも大事となります。
多くの肌トラブルの原因は生活習慣の悪化にプラスして、ケア不足などが関係をしているのですね。

 

胸イボのかゆみを抑えるのであれば肌を保湿しましょう。
そして、刺激を与えないようにしつつ、生活習慣の改善をしていくことが必要となります。

 

皮膚科や美容皮膚科での治療!ハサミで切るか液体窒素で焼く

病院のマスコット
皮膚科、美容皮膚科などでは下記の治療法が一般的です。

 

  • ハサミ
  • 液体窒素
  • レーザー治療

 

少ない数のイボであれば、病院でもハサミで切り取る事があります。
ただ、切り取るっているので肌への負荷となり、痛みや出血をすることもあります。
また、傷跡が残ってしまうリスクがあるのがデメリットとなるのですね。。

 

液体窒素とは約-196℃の窒素が液状した物資で、液体を綿棒に付けてイボこすります。
こすり付けたイボは2週間程で剥がれ落ちることが多いです。

 

液体窒素も痛みや傷跡が残ることがあります。

 

レーザーをイボに照射して焼ききります。
傷跡もわかりにくく再発も少ないので良い治療方法だと思います。

 

レーザー治療は美容皮膚科の治療になり保険も適用されない事が多いので
高額な治療費になるのがデメリットです。

 

自宅での治療ならイボ用クリーム!ヨクイニン配合の保湿化粧品

 

自宅でクリームでケアする人は増えています。
化粧品の中でも胸や首や顔に使うイボ用のが販売されています。。

 

イボ用クリームにはヨクイニンや保湿成分、美容成分が豊富に配合されています。
そのため、改善だけではなく、再発予防にも効果があります。

 

胸イボの原因の大部分は肌が乾燥をし、ターンオーバーが乱れ、古い角質が固まりできることです。
保湿をすることでターンオーバーが促進されます。
そのため、古い角質が付着したままとなるのを防ぐことができるのですね。

 

ヨクイニンは代謝を高め、保水力も高い成分として知られています。
そのため、イボケアの成分としてかかせないものとなっています。

 

美容皮膚科などの治療はイボが取れるのに即効性は有りますが、その後も自宅でのケアをしていかないと再発する可能性があります。